アップル歯科矯正サイト

0120-387-418

診察時間平日9:30~18:30(なんば院11:00~20:00)
水曜9:30~13:00/土曜9:30~17:00

MENU

アップル歯科
 歯列矯正コラム
歯並びにまつわるお悩み

ワイヤーが見えない裏側矯正

歯の裏側に装置をつける裏側矯正

見えない歯列矯正

ワイヤーやブラケットをつける歯列矯正のマルチブラケット矯正装置は歯の表側につけるためとても目立つ歯列矯正です。歯の裏側にマルチブラケットをつけることにより外から装置が見えない矯正が裏側(舌側)矯正になります。

歯並びが気になるけど外から目立つワイヤーやブラケットはつけたくない。職業柄人前に立つので目立たない矯正をしたい。そんな方に選ばれているのが裏側矯正です。

オーダーメイドで作られる矯正装置

歯の表側よりも裏側の方がより複雑なため、一人ひとりにの患者様にあった装置をオーダーメイドで製作していきます。通常のワイヤー矯正同様に、様々な症例に適応可能です。ただし、オーダーメイドで製作していますが、自ら鏡で見ることも困難で歯磨きがしにくい、舌が当たる位置に装置が装着されるため慣れるまでは食事や発音がしにくいなどデメリットもございます。

表側矯正 裏側矯正
メリット ・外から装置が目立つ
・裏側矯正よりも費用を抑えられる
・症例数が最も多く難症例にも対応可
・外から見えづらい矯正装置
・舌癖の改善ができる
・唾液の循環がしやすく表側矯正よりも虫歯になりにくい
デメリット ・裏側矯正よりもむし歯になりやすい
・食事にストレスを感じる
・歯磨きがしにくい
・痛みや不快感がある
・通常の表側矯正より費用がかかる
・食事にストレスを感じる
・発音がしにくい場合がある
・歯磨きがしにくい
・痛みや不快感がある

コンビネーションでの治療も可能

オーダーメイドで矯正装置を作成するためどうしても費用がかかってしまいますが、より目立つ上顎だけ裏側矯正をして、目立ちにくい下顎は表側のワイヤー矯正をすることも可能です。上下ともに裏側矯正するよりも、舌が当たりやすい下顎側だけ表側矯正にすることで、食事や発音への影響など違和感が軽減できる場合があります。

コンビネーション矯正の治療例

治療の内容

上顎リンガルブラケットと下顎マルチブラケット、矯正用ミニインプラント4本による歯列矯正

期間・回数

3年1ヶ月・41回(カウンセリング・検査含む)

費用

自由診療:リンガルブラケット+マルチブラケット(クリア)+矯正用ミニインプラント✕4本 総額 1,395,000円(税込1,534,500円)(調整料33回分含む)

リスク・副作用

  • 歯磨きがわるい場合は、虫歯や歯肉炎が進行することがあります。
  • 顎関節が弱い方の場合、関節異常が出ることがあります。矯正治療中顎の関節に音がする、痛くなる、口が開きにくくなる、といったような症状が出た場合には直にお知らせください。その場合は顎関節症の治療をすることがあります。
  • 長期の矯正治療により歯根吸収が生じる恐れがあります。
  • 歯ぐきや歯槽骨が多少やせることがあります。そのため、術前の状態より歯肉が退縮し、隙間ができることがあります。
  • 体質により金属アレルギーを引き起こす事があります。
  • 治療後、知覚過敏や痛みなどが出たり、吸収された骨が再生しなくなることがあります。
  • 歯肉が退縮して歯が長く見えたり、歯と歯の隙間が広くなったりすることもあります。
アップル歯科
歯列矯正コラム
apple's implant
キーワード
keyword
新着記事
Recent Entries
0120-387-418 簡単WEB予約
ページトップへ戻る
Page
top
© Apple Orthodontic All Rights Reserved.