アップル歯科矯正サイト

0120-387-418

診察時間平日9:30~19:00(水13:00/土17:00迄) 休診日日曜・祝日

MENU

部分矯正

部分矯正用ブラケットの模型

気になる部分だけを矯正して
きれいな口元に

歯列矯正というと、歯全体を矯正治療するイメージがありますが、特に目立つ前歯だけを矯正する「部分矯正」という治療法があります。当院で行っている部分矯正の流れや、治療のメリット・デメリットなどをご紹介します。虫歯などの治療と同時に行われる矯正治療MTMについても併せてご説明します。
気になる箇所を矯正して、綺麗な歯並びを手に入れましょう。

歯並びが気になる

部分矯正とは

部分矯正とは文字通り、矯正治療を部分的に行う方法です。
部分的な治療で済むので、身体的・費用的負担を抑えて歯並びを整えることが可能です。すべての症例で適応するわけではありませんが、「気になる部分だけ治したい」という患者様に選ばれています。

近年は、患者様の希望に合った装置を用いて、部分的な治療を行えるようになっています。当院では、従来のブラケットを使用した部分矯正だけでなく、マウスピース型矯正装置などの目立たない装置による部分矯正も行っています。

部分矯正の流れ

  • 無料個別相談
    (初診)

    無料個別相談を行っている女性歯科医師

    患者様の歯並びや噛み合わせ、矯正治療についてのご相談をお伺いします。口内の状態を拝見し、そのうえで可能な矯正方法をいくつかご提案いたします。また、精密検査を行う前ですので、あくまでも大まかな数字ですが、費用や治療期間の見通しなどのご説明も可能です。

    当院では、気軽に歯並びのお悩みをご相談いただくために、初診の個別相談を無料で実施しております。どのようなことでもご相談ください。

  • 精密検査

    歯科用CT

    部分的な矯正であっても歯列矯正のため、パノラマレントゲンや顔面・口腔内写真の撮影、咬合模型を作るための印象採得などを行います。取得したデータをもとに、シミュレーションを行い治療計画を立てます。
    虫歯などの口内トラブルがある場合は、矯正治療を始める前に治療を行います。

  • カウンセリング

    カウンセリングを行う歯科医師

    精密検査の結果と、治療計画についてご説明します。具体的な費用やお支払い方法、かかる治療期間の目安などを併せてお伝えしますので、疑問や質問がありましたら、遠慮なくお申し付けください。

  • 部分矯正の開始

    矯正のためのブラケット取り付け治療を行っている男性歯科医師

    マルチブラケット装置を歯の表面に装着し、治療を開始します。ブラケットは自由に取り外しができない矯正装置なので、装着したままの清掃するコツや、ワイヤーなどによる口内への痛みをワックスの使用方法、矯正中の注意点についてご説明いたします。

  • 経過観察

    矯正治療中の調整治療を行っている男性歯科医師

    矯正治療中は、定期的に歯科医院へ通院していただきます。マルチブラケット装置のワイヤーを調整したり、口内に汚れがないかのチェックをしたりします。外してブラッシングができないマルチブラケット装置を使った矯正では、どうしても装置周辺に汚れが貯まりやすいため、定期的なチェック・クリーニングが必要となります。

  • 保定期間

    リテーナー

    歯並び・噛み合わせが整ったら、保定期間に入ります。マルチブラケット装置を取り外し、リテーナー(保定装置)を装着することで、移動させた歯が後戻りしないように安定させます。矯正治療でいくら綺麗に歯並びが整っても、保定期間で歯列を安定させられなければ、治療前の状態に戻ってしまいます。

全体矯正と部分矯正の比較

  部分矯正 部分矯正装置 全体矯正 全体矯正装置
治療範囲 前歯など、一部の歯のみ 全ての歯
治療期間 約1~2年 約1~4年
適応症例 軽度の不正咬合のみ 骨格に問題がある場合を除き、
幅広い症例に対応可能
矯正中の痛み
矯正中の発音
裏側矯正
部分矯正 部分矯正
治療範囲 前歯など、一部の歯のみ
治療期間 約1~2年
適応症例 軽度の不正咬合のみ
矯正中の痛み
矯正中の発音
裏側矯正
全体矯正 全体矯正
治療範囲 全ての歯
治療期間 約1~4年
適応症例 骨格に問題がある場合を除き、幅広い症例に対応可能
矯正中の痛み
矯正中の発音
裏側矯正

部分矯正のメリット・デメリット

部分矯正のメリット

費用を抑えられる

部分矯正は、歯列全体を矯正するよりも治療費を抑えられます。当院では、使用する装置によって変動はありますが、両顎の全体矯正を60万~70万円でご提供しています。部分矯正は10万~30万円と、約半額以下となります。

治療期間が比較的短い

全体矯正と違い一部分しか動かさず、また、前歯は奥歯よりも動きやすいため、部分矯正の方が短い期間で矯正が完了することが多いです。そのため、結婚式や就職活動など、イベントを控えた方が希望することが多いです。

矯正中の痛みが比較的小さい

矯正治療中に痛みを感じる方がいますが、この痛みには「歯が動く痛み」「矯正装置があたる痛み」等があります。全体矯正の際は、奥歯から前歯まで全体に装置が装着され、歯を動かすため痛みを強く感じることが多いです。しかし、部分矯正は、前歯の一部にのみ装置を装着するため、感じる痛みも少なく済みます。

部分矯正のデメリット

適応症が限られている

通常のマルチブラケット装置を使った矯正治療同様、骨格に問題がある場合はもちろんですが、前歯の重なりが酷いケースや上顎前突(出っ歯)のケースも、部分矯正は適応できません。また、前歯の歯並びが悪くても、その原因が奥歯の歯列にある場合も、部分矯正では治療できません。

奥歯は矯正されません

前歯だけを矯正する治療法なので、奥歯の噛み合わせ・歯並びは矯正されません。また、歯並びを治す治療なので、上下の噛み合わせが悪い場合も、部分矯正だけでは治りません。

全体的には矯正されません

全体矯正と違い、前歯の歯列のみを矯正するため、全体的な噛み合わせは治りません。また、元々の口内の状態によっては、全体矯正よりも綺麗に矯正されないこともあります。

部分矯正の注意点

部分矯正には、いくつかの注意点があります。部分矯正にはメリットだけでなく、デメリット、注意点があることもきちんと理解したうえで治療を受けましょう。

歯科医師による部分矯正の説明

装置の装着後・調整後に痛みが出ることがあります

全体矯正ほどではありませんが、部分矯正もブラケットを装着したり調整したりした後は、痛みを感じることがあります。個人差はありますが、痛みは数日で治まることが多いです。

食事の制限があります

マルチブラケット装置が外れたり故障したりしないよう、ガムなどの歯にくっつく物や煎餅などの硬い食べ物を控えていただきます。もしも装置が外れたりワイヤーが取れたりした場合は、すぐにご連絡ください。

差し歯やインプラントがある場合は作り直すことも

差し歯やインプラントが前歯にある場合、矯正後にインプラントを入れ直したり、差し歯を作り直したりする必要が出てくることもあります。

治療期間が長くなってしまうこともあります

医師の指示通り通院していただかないと、治療期間が長くなってしまうことがあります。治療計画通りにスムーズに進めるために、定期的に受診してください。

MTMとは

当院ではMTMという限局矯正も行っております。クラウンやブリッジなどの歯を補うための補綴治療と同時に行う矯正治療のことをMTMと呼び、動かす歯は1~数本のみです。部分矯正同様、適応する症例は限られていますが、MTMが行える場合は短期間・安価な治療を期待できます。

エクストルージョン

エクストルージョンは挺出(ていしゅつ)とも言い、虫歯などで物を噛み砕く部分がなくなってしまった歯を、強制的に骨から引っ張り出す治療方法です。歯肉の縁以下にまで歯を失った場合、抜歯することもありますが、エクストルージョンを利用すれば自身の歯を残すことができます。

特殊な装置を装着し、歯と歯を支えている組織を骨ごと移動させます。患者様にもよりますが、数ヶ月は装置を装着したままでいてもらい、歯が出て支えるための骨ができたのを確認したら、歯全体を覆うように被せる人工の歯であるクラウンと、土台であるコアを入れて歯を作ります。

クリニックのご案内

ページトップへ戻る
Page
top
© Apple Orthodontic All Rights Reserved.