アップル歯科矯正サイト

0120-387-418

診察時間平日9:30~19:00(水13:00/土17:00迄) 休診日日曜・祝日

MENU

こどものマルチブラケット装置(2期治療)

矯正治療の流れを説明してる男性歯科医師

永久歯期のお子様の歯並びを整える2期治療(マルチブラケット装置)

お子様の矯正治療は、発育・成長に応じて行う治療が異なります。永久歯が生えそろったお子様の治療(本格矯正)は、基本的に大人の矯正治療と同じです。装置を使用して歯並びを整え、正しい噛み合わせをつくります。
お子様の発育・成長、お口の状態によって2期治療の開始時期は違ってきますが、中学生くらいから開始するケースが多いと言えます。

子供のうちに矯正を始める主なメリット

大人になってからも矯正治療は行えますが、子供のうちに治療を開始するメリットは多くあります。お子様の協力も必要なことなので、きちんと話し合って治療について決めることが大切でしょう。

マウスピース

口元に自信が持てるようになる

悪い歯並びがコンプレックスになる場合もあります。歯並びが気になって消極的になったり、メンタルに影響したりする可能性もあります。治療によって口元に自信が持てるようになると、笑顔も違ってくるでしょう。

笑顔を食事をしてる女性

大人に比べて歯が動きやすい

矯正治療の開始時期に年齢制限はありませんが、若い方がスムーズに歯が移動しやすいと言えます。また、治療の選択肢が広がる可能性もあるでしょう。

マルチブラケット装置をつけた模型

治療に対する意識が高い

中学生くらいになると、「歯並びを治したい」という気持ちを持っていることから、治療に対して協力的です。また、お口の衛生管理もしっかり行ってくれます。

マルチブラケット装置での矯正治療とは?

  • メタルブラケット

    メタルブラケット

    マルチブラケット装置という、ワイヤーのついた装置を使って歯を動かします。
    特に一般的な矯正治療と言えるでしょう。

  • クリアブラケット

    クリアブラケット

    目立ちにくい素材を使った装置もあるので、見た目が気になる年頃のお子様にも治療を開始いただいています。

マルチブラケット装置で歯が動く仕組み

歯面に「ブラケット」という装置を特殊な接着剤を使用して装着します。ブラケットに通したワイヤーの力で、歯を動かしていきます。定期的にワイヤーを調整しながら歯の移動をコントロールし、歯並びを整えていきます。

マルチブラケット装置による矯正(2期治療)の流れ

基本的に大人の矯正治療と流れは同じですが、治療開始時期には個人差があるため、永久歯に生え変わるまで経過観察となる場合もあります(1期治療を行った場合も同様です)。

無料個別相談(初診)

カウンセリングの風景

未成年の方、学生の方は、保護者の方と一緒にカウンセリングを行います。矯正治療の成功には、お子様だけでなく、保護者の方のご理解が必要です。保護者様も疑問点や不安など、どのようなことでもお話ください。 当院は、初診相談を無料で行っていますので、お気軽にご相談ください。

簡単WEB予約はこちらから

精密検査

歯科用CT

治療計画を立案するために必要なデータを取得します。矯正治療は、歯を並べるだけでなく、顎関節を考慮して正しい噛み合わせをつくる必要があるため、お口の中だけでなく咀嚼に関わる箇所のデータが必要となります。

  • パノラマレントゲン
  • セファログラム
  • 顔面・口腔内・姿勢などの写真撮影
  • フェイスボーマウント(噛み合わせの検査)など

コンサルテーション

治療の説明をする医師

お子様と保護者様に診断結果や治療計画、スケジュール、費用などをご説明します。すぐに治療について決断する必要はありません。ご帰宅されてから、じっくり相談して治療についてご検討ください。

装置装着(治療開始)

ブラケット装置

ブラケットを装着し、治療を開始します。マルチブラケット装置を装着中の食事・歯磨きの注意点、保護用ワックスの使用方法、装置が外れた時の対処などを詳しくご説明します。
治療期間中は、定期的に受診いただき調整を行っていきますが、治療中の虫歯を防ぐため、ブラッシング指導や口腔内のクリーニングなども行います。

治療完了・保定期間へ

リテーナー

治療計画通りに歯が移動して歯並びが整ったら、治療は完了となります。その後は、後戻りを防ぐために保定装置(リテーナー)を使用して、歯並びを安定させます。
保定装置には、取り外し可能なものと歯の裏側に装着するものとがあります。後戻りを防ぐため、医師の指示に従って、保定装置を装着していただきます。

このようなお悩みありませんか?

このようなお悩みありませんか?

  • 1期治療を行っていないけれど…
  • いつから始めたら良いの
  • 矯正治療はやっぱり必要?
  • 費用が心配
  • 矯正中の痛みが心配で

1期治療を行っていないけれど大丈夫?

1期治療を行うことによって多くのメリットが期待できますが、1期治療が絶対必要なわけではありません。顎が小さいといった骨格の問題がない場合には(歯を並べるだけならば)、1期治療が不要な場合もあります。

1期治療を行うことで顎の成長をコントロールでき、2期治療の期間を短縮できたり、発達への悪い影響を予防できたり、さまざまなメリットがあることは事実です。しかし、矯正治療はいつでも始めることができ、大人になってから開始する方も多くいますので、気にせずご相談いただきたいと思います。

矯正治療は本当に必要なの?

お口の状態によって矯正治療の必要性は違いますが、歯並びを治すことは、お口の健康や機能、審美性などにおいて多くのメリットが期待できます。
治療の必要性については、ご自身で判断するのではなく、お気軽にご相談いただきたいと思います。無料の初診相談では、お口の現状や治療の必要性について、詳しくご説明しています。

治療をいつから始めたら良いのかわからない…

治療開始時期はお口の状態や発育等によって違う場合があります。「早ければ早いほど良い」ということもありません。お子様にとって最適な時期に治療を開始できるように、事前にご相談ください。

治療にかかる費用が心配…

<

治療にかかる必要は、お口の状態やブラケットの種類等によって違ってきますが、標準的な装置費用は両顎で600,000~700,000円(税抜)です。デンタルローンのご利用により、一度にかかる費用負担を軽減することも可能です。
矯正費用は、以下のリンク先で詳しくご紹介しています。

治療の痛みが心配です…

装置に慣れるまで、痛みを感じたり、歯が浮いた感じがしたりする場合があります。また、装置の刺激により口内炎ができる場合もあります。
当院では、起こり得る症状やリスク、対処法について事前に詳しくご説明します。気になる症状がございましたら、いつでもご連絡いただけます。

クリニックのご案内

ページトップへ戻る
Page
top
© Apple Orthodontic All Rights Reserved.