アップル歯科矯正サイト

0120-387-418

診察時間平日9:30~18:30(なんば院11:00~20:00)
水曜9:30~13:00/土曜9:30~17:00

MENU

アップル歯科
 歯列矯正コラム
歯並びにまつわるお悩み

【目立たない矯正】マウスピース型vs裏側矯正

マウスピース矯正と裏側矯正、どっちがいいの?

矯正治療を検討する際、多くの方が気にされるのが矯正治療の装置についてです。当院にお越しの患者様で、歯並びを気にされている方でも「装置の見た目が気になるから」という理由で、矯正治療を敬遠されておられる方もたくさんおられます。

それでも「やっぱり治療しよう」と踏み切られた方が次に気にされるのが、できるだけ「目立たない装置」です。今ではブラケットという歯に貼り付ける装置も白や透明のものがほとんどですので、かなり目立ちにくくはなっていますが、患者様の要望としては「矯正しているのがわからないような装置」を希望されることが多くあります。そこで、ここでは矯正装置の中でも特に目立たないと言われる「マウスピース型矯正装置」と「裏側矯正(舌側矯正)」について比較してみます。

見た目のわかりにくさ

見た目のわかりにくさは単純に考えれば裏側矯正に分がありそうですが、実際にはマウスピース矯正と言えます。正面から見て、全く何もつけていないように見えるのは、裏側矯正です。しかし大きな口を開けた時に、内側に金属が見えることがあります。一方のマウスピース型矯正装置は、よく見ると透明の膜のようなものが歯を覆っていることがわかります。実際には、言われなければ気づかれないほど、目立ちにくいものではあります。ただし、場合によってはアタッチメントというポッチを歯に貼り付ける必要がある場合があります。これも目立つものではありませんが、それを差し引けば裏側矯正の方が目立たないと言えるかもしれません。

しかし実際には、裏側矯正をする場合、下顎は表側のブラケットを選ばれる方が多くおられます。これは下顎を裏側にブラケットを付けると違和感が強く、滑舌に大きな問題が出てしまうためです。両顎共裏側につけるケースが少ない分、マウスピース矯正の方が、見た目ではわかりにくいと言えます。

歯の動きやすさ

今の所やや裏側矯正に軍配があがると考えます。マウスピース矯正は遠心移動という、歯列の中央から遠ざかる方向への移動を得意としています。そのため、出っ歯を非抜歯(抜歯をせずに)治療することができます。しかしながら、苦手な治療もあるため、症例によってはマウスピースを使わない方が良い場合もあります。一方の裏側矯正は出っ歯を裏側から引っ込める治療を得意としています。

どちらも、得意な治療はありますが、不得意な治療が多いのは、現在のところマウスピース矯正と言えます。ただし、マウスピース矯正は年々その症例数が増え、できる治療や適応症例も増えてきています。適応症例の範囲に関しても、近い将来、マウスピース矯正が舌側矯正よりも広がりを見せる可能性は十分に考えられます。

バレにくさ

歯の治療において「バレる」というのは適切ではないかもしれませんが、歯並びの悩みというのは一種のコンプレックスと言えます。そのため「矯正していることを人に気づかれたくない」という方は少なくありません。そのうえで、「バレにくい」のはマウスピース矯正かと思います。なぜなら、裏側矯正は滑舌に大きな問題を残しているためです。見た目ではわからなくても、会話をすればわかってしまう可能性は高いです。また、マウスピース矯正は自身で取り外しが可能です。ほんの数分・数時間、大切な時間があるのであれば、取り外して人前に出ることが可能です。

ただし食事などをする場合は、逆にマウスピース矯正は取り外す必要があります。そのため、ぱっと目の前に出されたものを口にする必要がある場合、すぐには口にできないというデメリットもあります。

矯正中の痛みの強さ

矯正治療というのは歯に力をかけ、動かして治療です。そのため、人にもよりますが、「痛みを感じる」ということもあります。この痛みに関しては、マウスピース矯正の方が小さいとされています。実際に、ブラケット矯正とマウスピース矯正、どちらも経験のある当院のスタッフに聞いてみると、ブラケットは「ワイヤーを変えるたびに数日間痛みを感じた」マウスピースは「新しいマウスピースに変わるたびに引っ張られる感じが強くなる」ということで、「痛みでいうとワイヤーの方が痛い」ということでした。もちろんこれには個人差がありますので、一概には言えませんが、治療の性質上、痛みが出やすいのはブラケット矯正であると言えます。

通院回数の多さ

これは裏側矯正の方が多くなります。裏側矯正はおよそ1〜2ヶ月に1度は調整に通う必要があります。一方のマウスピース矯正は2〜3ヶ月に一度です。また、裏側矯正は「装置が取れた」「ワイヤーが切れた」などのトラブルも考えられますので、トータルの通院回数でいうとマウスピース矯正の方が少ないと言えます。

費用

医院にもよると思いますが、当院の場合マウスピース型矯正装置の方が費用は抑えられます。当院の両顎の裏側矯正の費用は140万円(税込150万円)、マウスピース矯正【インビザライン】の場合で80万円(税込88万円)となります。加えて、裏側矯正には1〜2ヶ月の調整日に3,000〜5,000円の調整料が必要となりますが、マウスピース矯正はトータルフィー(調整料込)となります。これは、裏側矯正はブラケットを張り替えたりワイヤーを変えたりする施術が多い反面、マウスピース矯正は処置の工程が少ないためです。それを含めると費用の総額はマウスピース矯正の方が圧倒的に抑えられます。

どちらがオススメなの?

舌側矯正もマウスピース矯正も、どちらにもメリット・デメリットがあります。どちらがオススメということは一概には言えませんが、現在当院で圧倒的に多いのはマウスピース矯正です。
これにはいくつかの理由がありますが、大きな理由としては「費用」「はじめやすさ」「治療中のストレス」の3つが大きいと考えられます。

また、矯正治療というのは患者様のご希望だけで装置を選べるわけではありません。現在のあなたの咬み合わせから、どの装置が適しているのか。あなたのライフスタイルから、どの装置の方が影響が出にくいのか、総合的に判断し、適応可能な装置を歯科医師がご提案いたします。まずは相談にお越し頂ければ、あなたにあった治療法や矯正装置を、あなたのご要望をお伺いした上でご提案いたします。まずはお気軽にご相談にお越し下さい。

アップル歯科
歯列矯正コラム
apple's implant
キーワード
keyword
新着記事
Recent Entries
0120-387-418 簡単WEB予約
ページトップへ戻る
Page
top
© Apple Orthodontic All Rights Reserved.