アップル歯科矯正サイト

0120-387-418

診察時間平日9:30~18:30(なんば院11:00~20:00)
水曜9:30~13:00/土曜9:30~17:00

MENU

アップル歯科
 歯列矯正コラム
歯並びが及ぼす悪影響

矯正治療をしたのに元に戻ってきた

歯列矯正後に元に戻ってきたらどうしたらいいの?

矯正治療後の後戻り

せっかく矯正治療して手に入れた健康で整った歯並びですが、前の歯並びに少しづつ戻ってきたら嫌ですよね。矯正治療は、本来生えている歯の位置から適切な咬み合わせの歯並びになるように移動させます。歯の移動といっても見えている歯が移動しているだけではなく、見えていない根っこまでしっかりと移動させています。その新しい位置で歯の根っこや周囲の組織が安定するにはとても時間がかかります。安定するまでは元の位置に戻る力が一定期間は働きますので、後戻りを防ぐためには保定装置の装着が必要となります。

取り外し式リテーナー

固定式リテーナー

後戻りの原因

安定前の保定装置の取り外し

元の位置に戻る力がかかるのを防ぐためにつける保定装置。まだ、安定してない状態で外してしまえば当然元に戻る力で後戻りをしてしまいます。また、この安定前の保定装置の取り外し」以外にも後戻りの原因はいくつかあります。

唇や頬、舌の圧力により歯が押されてしまう

矯正の治療で歯を動かすのと同じ原理で、舌や頬、唇などが歯に力を加えて動かしてしまうことがあります。例えば、よく頬杖をする場合は外から歯に圧力がかかります。他にも、舌癖(ぜつへき)といって本来ある舌の位置ではない位置に置いていたり、舌で歯を押す癖などが後戻りの原因となる可能性があります。

治療計画が不十分だった場合

骨格的な問題が原因の場合や無理な非抜歯矯正、治療完了時にしっかり咬んでいないなどが後戻りの原因となる可能性があります。これらはどれも最終的な咬み合わせにするために無理な歯の傾斜や歯列拡大を伴う場合があるので、治療後の安定性が悪く後戻りの原因となる可能性があります。

治療後に成長をしてしまった場合

顔の成長は、上半分は脳という大事な存在があるため大きく変わりませんが、その代わりに下半分が成長と共に伸びていきます。その成長によって顎も変化し、歯も補正して咬み合わせを維持します。後戻りというよりも、成長による補正が加わる可能性があります。

後戻りを防ぐにはどうしたらいいの?

まず、矯正治療後の歯が安定するまでは保定装置を装着する必要があります。保定期間は矯正治療でかかった倍の期間が目安になりますが、当院では少なくとも2年は使用していただいています。

次に、舌癖がある方はMFT(筋機能療法)といって、お口の周りの筋肉のトレーニングを行っていきます。正しい嚥下(飲み込み)の方法や舌の位置を身につけ習慣化していただきます。

その他③④の場合だけに限らないですが、患者様と担当医、矯正専門医がしっかりとコミュニケーションをとって治療を計画し進行していくことが必要です。

当院では、患者様のご希望・ご要望・ご予算と精密な診断結果を踏まえ、「主訴の改善」と「持続的なお口の健康」を考えた治療方法をカウンセリングにて複数の選択肢の中から患者様に選択していただきます。治療後の保定期間も定期的に経過観察をさせていただき、セルフメインテナンスとプロケアでお口の健康を長く保てるようにしていきましょう。

後戻りが気になる場合の治療方法は?

とはいえ、保定装置を付け忘れてしまった・以前に治療が完了したのに少し後戻りしてきてしまっているなど、後戻りが気になっておいる方もおられると思います。その場合は再度矯正治療が必要になります。

再矯正は一からやり直しというわけではありませんので、治療期間は短くなります。また、抜歯を伴う可能性が少ないので以前行った治療方法と違う選択も可能となることがあります。

マウスピース型矯正装置

マウスピース矯正は痛みが少なく目立たず取り外しも簡単で清掃性にも優れているため近年では多くの方が選択されています。また、後戻りの場合は大きな歯列の移動を伴わない治療が多いため部分的な矯正治療で可能な場合も多く、期間も短く全体的な矯正治療よりも費用を抑えられます。そのマウスピース矯正の中でも全世界で1000万人を超える方が利用されたインビザラインの中から3種類の治療方法を当院では取り扱っています。

インビザライン インビザライン
Go
インビザライン
エクスプレス
対象 全体矯正 前歯の部分矯正 軽微な部分矯正
マウスピース枚数 制限なし 最大20枚 最大7枚
費用(税込) 88万円〜(全顎) 44万円〜(全顎) 28.05万円〜(片顎)
32.7万円〜(全顎)
デンタルローン
使用の場合
月々8,800円〜
(年利3.9%初回のみ16,896円)
月々4,400円〜
(年利3.9%初回のみ8,448円)
月々3,300円〜
(年利3.9%初回のみ7,075円)

※お支払い方法は、一括払い・アップル分割払い・カード分割払い・デンタルローンがあります。詳しくは費用詳細か医院までお気軽にご相談ください。

ワイヤー矯正

大きな改善が必要な場合や特殊な症例の場合などマウスピース型矯正装置では適応不可の症例はワイヤー矯正での治療が必要となります。もちろん、以前に行った矯正治療よりも期間は短くなりますが、ブラケット装置をつけることに難色を示す方も少なくはありません。

マルチブラケット装置 MTM(部分矯正)
対象 全体矯正 1本〜数本
費用(税込) 片顎33万円〜(調整費別)
全顎66万円〜(調整費別)
全顎11万円〜55万円
(調整費別)

現在の矯正治療でもワイヤー矯正が得意な症例がありますので、こちらで治療される方は多くいらっしゃいます。見た目や痛み、セルフケアの大変さを我慢してワイヤー矯正を行なった方にとっては、後戻りの治療で再度装置をつけることには抵抗があるかと思います。矯正治療後の保定期間にしっかりと保定装置をつけ、定期的なメインテナンスに足を運んで、より永くお口の健康を保っていくことが必要です。

後戻りが気になり始めたら

また矯正をしたくないと思うかもしれませんが、気になり始めたら早い段階で歯科医院に行くことをお勧めします。先延ばしすればするほど、後戻りが進行し、歯並びが崩れてしまう可能性があります。

矯正治療でせっかく手に入れたお口の健康なのに、見た目はもちろん、清掃性が悪くなったり、咬み合わせが崩れる可能性があります。他の治療が必要になることで歯科医院に通う回数や費用負担が増加する場合もあります。後戻りが気になり始めたら、早めに歯科医院に足を運んでください。

アップル歯科
歯列矯正コラム
apple's implant
キーワード
keyword
新着記事
Recent Entries
0120-387-418 簡単WEB予約
ページトップへ戻る
Page
top
© Apple Orthodontic All Rights Reserved.