アップル歯科矯正サイト

0120-387-418

診察時間平日9:30~18:30(なんば院11:00~20:00)
水曜9:30~13:00/土曜9:30~17:00

ホームホーム 歯の回覧板TOP 矯正治療に抜歯は必要か?

歯を抜く矯正 or 抜かない矯正
どっちがいいの?

歯を抜く矯正 or 抜かない矯正 どっちがいいの?
矯正治療では抜歯を提案されることがありますが、健康な歯を抜きたくないと思う患者様は多くいらっしゃいます。歯科医師の方も、患者様の大切な歯を可能な限り抜かずに治療を進めていきたいと考えています。しかし、歯並びによっては抜歯をした方がよいケースがあるのも事実です。
後悔のない矯正治療を受けるためにも、まずは歯列矯正における抜歯について知ることが大切です。
スペース確保のために抜歯を提案します
治療が必要な歯並びは、三人掛けのベンチに四人、五人が座っているような状態です。スペースを確保しないままに矯正治療を進めてしまうと、狭いスペースに歯を無理に並べることになります。歯が前方に出てしまい、口元が突き出た口ゴボになってしまいます。
そのため、歯を並べるための場所を確保するために、抜歯することがあります。
非抜歯でもスペースを増やす方法

歯を抜かなくても、歯が並ぶためのスペースを確保する技術は存在します。当院では、2つの方法でスペースを作り出し、非抜歯でも歯並びを整えています。どちらにもメリットとデメリットがありますので、しっかり把握しておきましょう。

非抜歯

臼歯遠心移動

臼歯遠心移動という方法は、矯正器具により奥歯の位置をより奥の方へ移動させることでスペースを確保します。歯を抜かなくても口ゴボの心配なく、歯を並べることができます。

臼歯遠心移動

・メリット
非抜歯の中では得られるスペースが一番多い方法
・デメリット
奥歯を移動させるため、場合によっては親知らずを抜歯することがある

非抜歯

IPR

IPRとは、歯と歯の間を少しだけ削ってスペースを確保する方法です。歯を削るといっても、削る量はごくわずかなので、痛みなどの症状が出ることはなく、周囲に比べて虫歯になりやすい…といったデメリットも報告されていません。

IPR

・メリット
装置を着ける必要がなく、場所を限定してスペースを作れる
・デメリット
得られるスペースは歯1本につき0.5mmまでと少ない

抜歯が必要なケースとは?
抜歯が必要なケースとは?
歯を並べるために多くのスペースが必要であれば、それだけ抜歯の可能性が高まります。歯並びの乱れが大きい症例や出っ歯などは、抜歯をした方がよい仕上がりを得られます。また、抜歯をした方が矯正計画を立てやすく、進めやすいメリットがあります。
こんな歯並びは抜歯が必要です
歯列のデコボコが大きい
前歯が大きく前に出ている
八重歯
親知らずが生えている
あなたに合った抜歯・非抜歯矯正をご提案します
歯列矯正で歯を抜くかどうかは、歯並びや噛み合わせによって異なります。矯正治療の前に、必ず歯科用CTや口腔内3Dスキャナーなどでお口の撮影を行い、抜歯・非抜歯を含めて患者様に合った矯正方法をご提案します。当院は、なるべく歯を抜かない矯正治療をご提案いたしますが、お口の状態によっては抜歯を回避できない場合がございます。
矯正治療を始めると、医院と長いお付き合いを始めることになります。ご自身が信頼できる医院を選ぶことが大切です。
0120-387-418 簡単WEB予約
ページトップへ戻る
Page
top
© Apple Orthodontic All Rights Reserved.