アップル歯科矯正サイト

0120-387-418

診察時間平日9:30~18:30(なんば院11:00~20:00)
水曜9:30~13:00/土曜9:30~17:00

ホームホーム 歯の回覧板TOP マウスピース矯正のメリット

目立ちにくく痛みの少ない
マウスピース矯正

目立ちにくく痛みの少ないマウスピース矯正
透明な装置を装着することで、矯正していることが周囲に分かりにくいマウスピース矯正ですが、ほかにも「痛みが出にくい」「取り外しができる」といった利点があります。従来のブラケット装置を使ったワイヤー矯正とは異なる特徴を持つマウスピース矯正について、しっかり理解しましょう!
メリット

透明で目立ちにくい

矯正で使用するマウスピースは特殊な樹脂で作られており、透明で薄いため装着しても目立ちません。周囲に矯正していることを知られにくいです。また、歯を効率的に動かすために歯の表面にアタッチメントを付けることはありますが、白いレジン製のものを目立ちにくい場所に設置します。

メリット

歯磨きがしやすい

ブラケット装置は固定されているため、装置の凹凸やワイヤーで清掃が不十分になりがちでした。しかし、マウスピース矯正は装置を患者様ご自身で取り外して、普段通りに歯磨きができるため、その心配がありません。
さらに、マウスピース自体の洗浄も簡単で、2週間おきに新しいマウスピースに交換するので衛生的です。

メリット

通院頻度を抑えられる

ワイヤーの調整が必要なブラケット装置は、1~2ヶ月に1度の通院が必要となります。その点、マウスピース矯正は、患者様が指示されたタイミングで新しい装置に交換するだけでいいため、2~3ヶ月に1度にまで通院頻度を抑えることができます。

メリット

矯正中の痛みが少ない

マウスピース矯正は、薄くて表面がなめらかな装置を装着するので、ワイヤー矯正よりも痛みや違和感が少ないのが特徴です。もちろん、新しいマウスピースを装着後、数日は引っ張られるような違和感を覚えることがありますが、長く続いたり、強く感じたりはしません。

メリット

食べ物に制限がない

ワイヤー矯正では、装置にくっついたり着色しやすい食べ物や食事を控えていただくよう、お願いすることがあります。しかし、マウスピース矯正は装置を外してから食事をするので、制限なくなんでも食べることができます。

メリット

正確性の高い治療計画

当院では、口腔内3Dスキャナーで採取した歯型データからシミュレーションを行い、治療計画を立案します。どの歯をどう動かすか、どのくらいの矯正期間が必要か、それに伴う通院回数、治療後の歯並びイメージを事前に確認することができます。

自分に合った矯正方法を
選ぶことが大切
マウスピース矯正には、このように様々なメリットが存在しています。しかし、マウスピース矯正にも「20~22時間以上の装着が必要」「適応症例が限られる」などのデメリットがあります。
患者様の歯並びによっては、ブラケット矯正の方が適している場合もありますので、ご自身にはどの治療法があっているか、歯科医師と相談しながら決めていくことが大切です。
歯並び相談はこちら
0120-387-418 簡単WEB予約
ページトップへ戻る
Page
top
© Apple Orthodontic All Rights Reserved.