アップル歯科矯正サイト

0120-387-418

診察時間平日9:30~18:30(なんば院11:00~20:00)
水曜9:30~13:00/土曜9:30~17:00

ホームホーム 歯の回覧板TOP 顎関節症と矯正治療
顎関節症と歯列矯正の関係
顎関節症と歯列矯正の関係
顎関節症というと、噛み合わせや歯並びが悪いために起こると考えている方が多くいらっしゃいます。実際は、噛み合わせが良くても顎関節症になる方がおり、また、歯並びが悪いからといって必ずしも発症するわけではありません。
顎関節症とはどのような病気なのか、そして歯列矯正との関係をご紹介します。
そもそも顎関節症とは?
こんな症状に心当たりありませんか?
顎が痛い
大きく口が
開きにくい
顎を動かすと
音が鳴る
頭痛・肩こり
噛み合わせに
違和感がある
歯を抑える女性

顎関節や周辺の筋肉に痛みや違和感を覚える病気です。会話や食事など、顎関節を使うときに症状を自覚することが多いですが、慢性的な頭痛・肩こりなどを訴える方もいらっしゃいます。
顎関節症かも、と思ったなら歯科口腔外科を掲げていたり、歯科口腔外科出身のお医者さんがいる歯科医院を選ぶと安心できます。

さまざまな理由から顎関節症を発症します
さまざまな理由から顎関節症を発症します
顎関節症は、特定の原因により発症することがほとんどありません。たいていは、複数の要因が絡み合った末に起こってしまいます。
噛み合わせ、ストレス、外傷、歯ぎしり・食いしばり、頬杖…これら原因によって、顎関節の小さなズレや筋肉への負荷が引き起こされ、長期間放っておくことでお口やお身体全体への歪みとなって現れます。
顎関節症の原因
噛み合わせ
ストレス
外傷
ブラキシズム(歯ぎしり・食いしばりなど)
頬杖や合わない枕、悪い姿勢といった悪い生活習慣
顎関節症の治療法
顎関節症の治療法
当院での治療は、スプリントというマウスピースを使った治療を軸に、症状の度合いや発症原因に合わせてお薬を処方したり、生活指導を行います。スプリント治療では、専用のマウスピースを就寝しているあいだ装着いただき、無意識な食いしばり・歯ぎしりによる負担を軽減させます。
顎関節症と矯正治療
矯正治療が必要なケース
噛み合わせや歯並びが原因で顎関節症のリスクがある場合は、顎関節症の症状が出る前に治療を始めることが大切です。発症のリスクを上げる不正咬合はいくつかあり、開咬や上顎前突(出っ歯)、過蓋咬合などが挙げられます。当院ではこれらの歯並びである場合、顎関節症予防のためにも矯正治療をご提案することがあります。
すでに顎関節症の症状が出てしまった場合は、スプリント療法などで顎の炎症を抑え、症状が落ち着いてから矯正治療が可能かどうか、矯正医を交えて相談のうえ検討します。
0120-387-418 簡単WEB予約
ページトップへ戻る
Page
top
© Apple Orthodontic All Rights Reserved.