神戸・加古川・明石矯正センターの無料メール相談
神戸・加古川・明石矯正センター 簡単WEB予約
神戸・加古川・明石矯正センター 簡単WEB予約
明石矯正センターHOME  > 成人矯正 > デジタル矯正 > デジタル矯正(見えない矯正)

デジタル矯正(見えない矯正)

デジタル矯正とは

デジタル矯正

通常ブラケット矯正は、模型やレントゲンをもとに矯正を学んだ歯科医師が計画を立て、綿密な計算を行いながら歯を動かしていきます。そのため矯正医の知識や技術のレベルが歯の動きや仕上がりに影響してきます。デジタル矯正は、模型を元にコンピューターで歯の動きやスピードを計算するため、矯正医の専門性のみに頼らず綿密な治療計画を立てることが出来る矯正です。アップル歯科では、このデジタル矯正を「インコグニート(アイブレイス)」という装置と「ハーモニー矯正」という装置で取り入れています。この2つは共に歯の裏側にブラケットをつける「舌側矯正」にあたります。歯の裏側にブラケットを着けるということは、近くから見ても大きく口を開かない限り矯正装置を着けていることはわかりません。つまり、アップル歯科のデジタル矯正は、出来るだけ目立たない矯正装置を希望される方にぴったりの、見えない矯正装置となります。



インコグニート(アイブレイス)矯正

インコグニート(アイブレイス)矯正

インコグニート(アイブレイス)矯正は、1997年にドイツのビッヒマン博士によって開発されドイツで生まれました。 従来までの舌側矯正と同じく裏側に矯正装置を付けますので、パッと見た感じではまず見えません。そしてアイブレイスが今までの舌側矯正と違うのはブラケットも、ワイヤーも全てオーダーメイドということ。また、ブラケットは非常に薄く、従来の裏側矯正に比べ違和感が激減しました。さらに、舌側矯正の欠点であった仕上がり具合が大幅に改善され、見えない上にキレイに仕上がる矯正法となりました。 アップル歯科ではこの矯正を、ご希望に応じて患者様に提供しています。



インコグニート(アイブレイス)矯正

コンビネーション矯正

インコグニート(アイブレイス)のデメリットは、歯の裏側に装置が着くため、下の動きの妨げになることもあり、滑舌に若干の問題が生じることがあります。特に下顎の場合その傾向がでやすく、中には途中で通常のブラケットに変更を希望される方もおられます。ですからお仕事上滑舌の問題が影響する場合や、もともとの舌癖等を考慮して、装置が目立ちやすい上顎をインコグニート、さほど目立ちにくい下顎を通常の葉の表につける矯正にして、全顎矯正を行う場合がありあります。アップル歯科ではこれをコンビネーション矯正といいます。


Pocket


三宮アップル歯科

三宮アップル歯科

〒651-0094 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5丁目2−2 三信ビル3F
URL http://sannomiya-appledc.jp(三宮アップル歯科で検索)
TEL078-200-6802(むし歯ゼロに)

三宮アップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科

〒674-0057 兵庫県明石市大久保町高丘3-3-1
URL http://sannomiya-appledc.jp(アップル歯科クリニックで検索)
TEL078-387-418(良い歯)

明石アップル歯科

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科

〒675-0104 兵庫県加古川市平岡町土山909-33
URL http://kakogawa-appledc.jp(アップル歯科クリニックで検索)
TEL078-947-4185(良い歯GO)

加古川アップル歯科

このページのトップへ