神戸・加古川・明石矯正センターの無料メール相談
神戸・加古川・明石矯正センター 簡単WEB予約
神戸・加古川・明石矯正センター 簡単WEB予約
明石矯正センターHOME  > 症例集

抜歯を伴ったお子様の矯正

お子様の頃から通われていた患者様です。12歳頃、歯並びが気になるとお母様からご相談があり、矯正治療に踏み切られました。お子様の矯正治療における大きな役割として「抜歯を免れること」がありますが、それでもやむを得ず抜歯矯正になることもあります。

  • BEFORE

  • AFTER

  • before
  • after
  • before
  • after
  • before
  • after

顎(あご)が小さいために歯が並ばず、並びきらない歯が押し合ってデコボコに生えてくるのが不正咬合の原因です。まずは小児用の拡大装置という装置を使って顎の拡大を行いましたが、全ての歯を並べるスペースを確保できず、抜歯によるブラケット矯正へと移行していきました。

  • process
  • process
  • process

矯正装置の最大の目的は、しっかりと咬み合った正しい咬合を作ることにあります。まずはキレイに並ばせることが出来ましたが、小児矯正の場合はまだまだ油断できません。今後は経過を見ながら大人になってもキレイな歯並びと咬み合わせを保てるよう、末永くお付き合い出来ればと思います。




1年でキレイに並んだ叢生患者様の非抜歯矯正

お口の中全体が痛むことがあるということでご相談に来られました。

  • BEFORE

    before

  • AFTER

    after

痛みの原因は歯肉炎による歯肉の膨張でしたので、歯周治療を行うことで改善を図っていきました。痛みに原因があるように、歯肉炎になるのにも原因があります。今回の場合、それはブラッシング不良です。叢生の患者様の場合、歯並びがガタガダで重なっている所もあることから、自分では取り除けない歯垢が歯並びが良い方に比べて極めて多くなってしまいます。その結果歯肉炎や歯周病、あるいはむし歯に罹患してしまい、お口の状態が悪くなってしまうのです。

BEFORE

  • before
  • before
  • before

PROCESS

process

カウンセリングで痛みの原因をお伝えした際、ご本人から矯正のご要望がありました。幸い、歯並びはガタガタではあったものの、歯を抜かずに並べる非抜歯矯正が出来る可能性があったので、矯正医による矯正専門相談を受けて頂き、非抜歯矯正の治療計画を立てていきました。


AFTER

  • after
  • after
  • after

歯並びが良くなったことはもちろん、非抜歯で出来たことにもお喜び頂けました。しかもわずか1年で治療が終了し、患者様にとっても負担の少ない矯正ライフであったかと思います。

アップル歯科では必ずしも抜歯矯正を検討するわけでもなければ、非抜歯矯正を中心に行っていくわけでもありません。患者様の現在のお口の状況をしっかり診査・診断を行った上で、患者様のご希望を考慮しながら治療計画を立案していきます。



非抜歯矯正を希望された方の抜歯矯正

歯並び矯正を行う上で、悩みの種となる一つの要因が抜歯についてです。成人矯正の場合既に骨格が決まっしまい、小児矯正のように顎(あご)を広げるという治療ができません。そこで歯を並べるスペースを確保するために抜歯をすることがあります。しかし、歯に興味の高い患者様ほど「抜歯」という響きに抵抗を感じる方も少なくありません。歯は上下併せて28本(親知らず含め32本)、一度抜いてしまえば生えてくるものではありません。こちらの患者様も出来れば他院での非抜歯矯正と迷っておられましたが、カウンセリングにてお話をした結果、当院にて抜歯の上矯正に望むことになりました。

BEFORE

  • before
  • before
  • before

非抜歯矯正が出来るかどうかの判断基準は色々ありますが、大きな括りでいうと歯が並ぶスペースがあり、しっかり咬み合わせを作れるか否かということになってきます。例え非抜歯で何とか並べることが出来たとしても、骨格やガタガタに生えそろった原因を解決しなければ、後戻りする可能性は大いにあります。また、並べることだけに必死になって、咬み合わせのメカニズムを無視してしまえば将来的にお口全体が崩壊する原因になってしまうことすら危惧されます。これらを説明し、ご理解して頂くためには、コミュニケーションの量が重要になってきます。コミュニケーションがしっかり取れていたからこそ、長い矯正治療を一緒に頑張れるようになったのだと思います。


PROCESS

  • process
  • process
  • process

約3年、一緒に頑張ってきた結果、歯列もきれいに並び、咬み合せも整いました。

AFTER

  • after
  • after
  • after

私たち歯科医師は、時に患者様のご希望であっても、「やめたほうが良い」とお伝えしなければならないこともあります。しかし、コミュニケーションを取ることによって私たちのご提案を信じて頂き、ご要望と違った治療でありながら当院を選んだ頂くことが出来たのだと思います。

アップル歯科ではカウンセリングや治療を通じ、説明と同意を繰り返し、コミュニケーションを取りながら治療を進めていきます。



マウスピース矯正による後戻りの治療

アソアライナーというマウスピースを使った矯正です。矯正治療には「後戻り」という歯が元の位置に戻ろうとする作用が働きます。それを防ぐため、通常は保定装置とメインテナンスでのチェックを行うのですが、こちらの患者様の場合、お仕事の都合で定期検診に通えず、前歯にすき間ができてしまいました。

BEFORE

  • before
  • before
  • before

before

後戻りの量が多く、歯並びが大幅に変わってしまった場合は再度矯正装置を着けて並べる必要がありますが、歯の動きがこの程度であればアソアライナーというマウスピースによって動いた歯を戻すことが可能です。
アソアライナーはマウスピース1枚につき、約1mm前後歯を動かすことが可能です。


AFTER

  • after
  • after
  • after

同様のマウスピース矯正にインビザラインという方法がありますが、アソアライナーの方が比較的軽度の叢生に使われます。マウスピース矯正はいずれも適応症例が限られてきますので、ご検討中の方は一度ご相談下さい。

  • BEFORE

    before

  • AFTER

    after

後戻りは矯正治療の後にはつきものですから、注意が必要です。せっかく歯並びを整えても、メインテナンスを怠り、また歯並びが崩れてしまっては元も子もありません。ただ、今回のようにお仕事の都合などでどうしてもなかなか歯医者に通えないという場合もありえない話ではありませんので、「動き始めたかな?」と感じたらお早めにご相談下さい。

また、矯正装置についてもマウスピース矯正や舌側矯正など、ライフスタイルに応じた歯並び矯正が可能な装置も日進月歩で進化をしています。これまで装置がネックとなって矯正ができなかった方、ご相談だけでもお気軽にお越し下さい。電話相談も承っています。



32歳女性、ご主人に進められて治療に踏み切った開咬の治療

BEFORE

  • before
  • before
  • before

歯並びのことで悩まれておられ、ご家族の方が当院をホームページで見つけてご相談に来られました。歯並びのことでコンプレックスを感じておられる方は、悩んでいてもご自身で動き出すことが出来ないという方も少なくありません。

AFTER

  • after
  • after
  • after

不正咬合の種類としては開咬・叢生・上顎前突の傾向が見られます。中でも開咬は矯正治療の中でも難易度の高いとされる不正咬合で、場合によっては外科矯正が必要になる場合もあります。外科矯正となると、手術や入院を伴いますが、幸いこちらの患者様は外科矯正なしで治療を行う計画が立てられました。

  • BEFORE

    before

  • PROCESS

    after

  • AFTER

    after

約2年半後、歯はキレイに並び、しっかり咬み合う正しい咬み合わせになり、患者様からはコンプレックスがなくなり大変お喜び頂けました。今回アップル歯科を探してくださったのは患者様のご主人様でした。歯並び矯正は、時として費用の問題からご家族の方に反対されてしまうこともありますが、ご主人様の方のデンタルIQが高く矯正治療に対する理解もありましたので治療に踏み切ることが出来たのだと思います。
アップル歯科では、矯正治療のカウンセリングにご家族の方の同伴を推奨しています。歯並びは見た目だけの問題ではありません。健康にも関わる大切なお話ですので、ご家族・大切な方とご一緒にお話を聞いて頂くことも、大切な治療の一環であると考えています。



患者様から100点満点を頂いた上顎前突の治療

  • BEFORE

    before

  • AFTER

    after

前歯の前突感とすきっ歯でお悩みの患者様です。審美的なお悩みと奥歯でしか噛めないという咬み合わせにも不安を感じておられました。他にも矮小歯という小さな歯も含めて、全てキレイに治したいというご要望でした。

BEFORE

  • before
  • before
  • before

AFTER

  • after
  • after
  • after

矯正中に結婚式を迎えられ、その際はワイヤーを外して望まれた。矯正装置は通常外すことは出来ませんが、ご要望がありましたら一時的に外すことは可能です。

  • BEFORE

    before

  • AFTER

    after

矮小歯も補綴により審美的な回復を図り、歯並びもしっかり咬み合ったキレイな歯並びになり、患者様からは100点満点をいただきました。今後はこのよくなった状態を保てるようメインテナンスにてお手伝い出来ればと思います。
歯並びのコンプレックスは人によっては性格に影響するほど深い場合も多々あります。費用のことや期間や痛みなど、気になることはたくさんあるかもしれませんが、まずは気軽に歯科医にご相談下さい。お口の中の健康を手に入れることで今後の人生がより良くなることもあるかと思います。



正中離開のプチ矯正(部分矯正)

不良補綴のやり替えで来られた患者様です。若干の正中離開があり、これを機会に治療したいとのご希望がありました。

BEFORE

before

AFTER

before

ダイレクトボンディングラミネートベニアですき間だけ隠す方法もありましたが、自身の歯を活かしたいというご要望も考慮し、部分矯正にて閉じていきました。

  • BEFORE

    before

  • AFTER

    after

約半年でキレイにすき間も閉じ、不良補綴だったところにもセラミックの透明感のある歯が入りました。部分矯正は適応が限られていますが、このレベルのすき間を閉じるには最適な治療であると考えています。
ご本人様も、結婚式までに間に合ったということでお喜び頂くことができました。今後はこの歯並びと補綴物をより長く保てるよう、予防でお手伝いができればと思います。



20代男性の叢生患者様のブラケットによる歯並び矯正

20代の男性です。幼い頃から自身の歯並びにコンプレックスがあり、矯正のご要望があったそうです。口腔内には金属による治療痕も少なく、キレイに保たれていました。というのも叢生の方が成人矯正を希望される場合、その歯並びの悪さが原因でブラッシングが行き届かず、幾つもの治療痕や繰り返したむし歯が見られることが少なくないためです。こちらの患者様の場合、おそらく歯に感心を持って丁寧なブラッシングと定期検診等を受診されておられたため、この状態が保たれたのではないかと考えます。

  • BEFORE

  • AFTER

  • before
  • after

BEFORE

  • before
  • before
  • before

PROCESS

  • process
  • process
  • process

AFTER

  • after
  • after
  • after

治療については叢生はひどいものではなかったため、通常3〜4年かかることも多い矯正ですが、2年弱で終えることが出来ました。デンタルIQの高い方ですので、キレイに並んだ自身の歯にご満足頂けたかと思います。

中には「男は歯並びなんて気にする必要がない」という方もおられますが、歯並びは単に見た目だけではなく心身の健康にも影響するものです。性別や年令に関係なく、治療しようという気持ちがあるのであれば治療するべきだと思います。
歯並びで悩んでおられるなら、一人で悩まずご相談ください。本当に矯正が必要か、しなければどうなりすればどうなるのか、しっかりご説明させて頂きます。



矯正によって埋めた前歯のすき間

歯が染みるということでご来院された患者様ですが、お話を伺っている内に矯正にも興味を持たれているということでしたのでカウンセリングにて矯正治療のご説明もさせて頂きました。過去に舌癖(舌で歯を押す癖)を指摘されていたこともあり、それが原因ですきっ歯になってしまったということです。すきっ歯は専門的には「空隙歯列」といい、治療には歯列矯正が選択肢にあがります。以前も矯正を考えたことがあるそうですが、なかなかそれだけを相談しに歯医者に行くには抵抗があったようですが、カウンセリングを機会に思い切ってご相談頂けたようです。

  • BEFORE

  • AFTER

  • before
  • after
  • before
  • after

すきっ歯の治療には「歯列矯正」「ラミネートベニア」「ダイレクトボンディング」「被せ物」という4つの方法が考えられます。しかし削らず、外れることのない治療ということでいうと矯正治療がベストな選択ではあります。あとは予算や期間の問題となりますので、それらは患者様のご判断によるものとなります。

幼いころから舌で歯を押したり、指をくわえるなどの習癖が有る方は、不正咬合になってしまうことがあります。これは遺伝的なものではなく後発的な咬み合わせです。これらの咬み合わせも、いずれ自分の歯にとってよくない咬み合わせであることも往々にあります。舌癖で歯並びに問題が生じた方は、お気軽に歯科医師にご相談下さい・



全体矯正による上顎前歯の前突治療

前歯の前突感が気になり相談に来られた患者様です。患者様のご希望としては「前歯だけなので部分矯正でどうにかしたい」ということでした。
部分矯正は、数本の歯に対して矯正装置を着けて動かす矯正治療です。期間が短く費用も全体矯正に比べて抑えることが出来るため、美容目的で積極的に行う歯科医院も一部ありますが、アップル歯科では「咬み合わせの問題」を考慮し、条件が整っている場合のみお受けしています。こちらの患者様の場合、歯を動かすすき間がないことと、咬み合わせがおかしくなる危険性を伴うため、全体矯正をお薦めしました。

  • BEFORE

  • AFTER

  • before
  • after
  • before
  • after
  • before
  • after

万が一何も考えずに部分矯正をしてしまうと、咬み合わせが崩れ、将来的に歯を失ってしまう原因になる可能性があります。矯正治療は歯の位置関係をしっかり考えなければ還って自分の歯を悪くしてしまうこともあります。こちらの患者様はカウンセリングにてご了承いただき、しっかり咬めて見た目もキレイに整える全体矯正を選択されました。最終的に前歯の前突感もすっきり収まり、ご満足頂くことができました。

  • BEFORE

    before

  • AFTER

    after

アップル歯科では診査・診断を行った上で、患者様のご要望を考慮しながら治療計画を立てていきます。その上で今回のようにご要望とは違う治療になることもありますが、それらは全て患者様のご決断によって決められています。
アップル歯科の歯列矯正では「咬み合わせ」と「見た目」、どちらも考慮した治療をご提案しています。




三宮アップル歯科

三宮アップル歯科

〒651-0094 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5丁目2−2 三信ビル3F
URL http://sannomiya-appledc.jp(三宮アップル歯科で検索)
TEL078-200-6802(むし歯ゼロに)

三宮アップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科

〒674-0057 兵庫県明石市大久保町高丘3-3-1
URL http://sannomiya-appledc.jp(アップル歯科クリニックで検索)
TEL078-387-418(良い歯)

明石アップル歯科

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科

〒675-0104 兵庫県加古川市平岡町土山909-33
URL http://kakogawa-appledc.jp(アップル歯科クリニックで検索)
TEL078-947-4185(良い歯GO)

加古川アップル歯科

このページのトップへ