神戸・加古川・明石矯正センターの無料メール相談
神戸・加古川・明石矯正センター 簡単WEB予約
神戸・加古川・明石矯正センター 簡単WEB予約
明石矯正センターHOME  > 小児矯正 > 予防という考え方

予防という考え方

小児矯正治療と予防歯科

小児矯正治療と予防歯科

矯正治療は見た目やコンプレックスの改善も大切ですが、歯並びを治す最大の理由は「予防」にあります。歯並びが悪いと、歯がデコボコで歯磨きが隅々まで届かずむし歯や歯周病になりやすくなったり、歯列不正で咬み合わせが悪ければ咬む力によって歯がダメージを受けたり割ってしまうこともあります。怖いのはいずれも徐々に症状が出てくることで、気がつけば歯がボロボロになっていたということも少なくありません。
小児矯正は、特にこれらの問題を主に歯を抜かずに正しく並べるために行うものです。顎を広げることで歯が並ぶスペースを作り、最終的に上下28本(親知らず含めず)の歯を正しい咬み合わせにする、いわば骨格を変える治療です。
子供のうちから歯並びを整えることで、「悪くならない」咬み合わせを作る。小児矯正はお子様が大人になってから歯で困らないための予防的な治療です。

お子様の矯正治療で予防出来ること

虫歯や歯周病の予防

虫歯や歯周病の予防
歯科でかかる疾患の1位・2位が歯周病とむし歯です。歯並びをキレイに整えることで清掃性があがり、この2つにかかるリスク下げることが可能です。

発音・滑舌障害の予防

発音・滑舌障害の予防
歯と舌の位置を正常にすることで適切な発音が可能になります。サ行やタ行が上手く言えない場合などは、歯列不正が原因であることがあります。

骨格の歪み、肩こりの予防

骨格の歪み、肩こりの予防
咬み合わせは骨格や筋肉にも影響すると言われています。片側のみの咀嚼により姿勢が悪くなったり、筋肉の緊張から肩こりがひどくなることもあります。小児矯正は骨格を変える数少ない治療ですので、将来的なお子様のお悩みを根本から予防することが可能です。歯並びは遺伝しますので、お父さんやお母さんが歯列不正が原因で肩こり等に悩まれている場合は、その症状も遺伝する可能性があります。

将来的なコンプレックスを未然に防ぐ

将来的なコンプレックスを未然に防ぐ
受け口・出っ歯・ガチャ歯、歯のコンプレックで悩む人はたくさんいます。そのせいで口を開けて笑えずに、暗い性格に見られたり、口を開けるのが嫌で無口になってしまうようなことも考えられます。お子様の歯列矯正はこれらをコンプレックスに感じる前に予防することが可能です。
Pocket


三宮アップル歯科

三宮アップル歯科

〒651-0094 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5丁目2−2 三信ビル3F
URL http://sannomiya-appledc.jp(三宮アップル歯科で検索)
TEL078-200-6802(むし歯ゼロに)

三宮アップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科

〒674-0057 兵庫県明石市大久保町高丘3-3-1
URL http://sannomiya-appledc.jp(アップル歯科クリニックで検索)
TEL078-387-418(良い歯)

明石アップル歯科

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科

〒675-0104 兵庫県加古川市平岡町土山909-33
URL http://kakogawa-appledc.jp(アップル歯科クリニックで検索)
TEL078-947-4185(良い歯GO)

加古川アップル歯科

このページのトップへ